ホーム
マイアカウント
お問い合わせ
【本】石内矢巳 / 詩集 光の種をまく
心に見たこともない景色が現れ、聴いたことのない音響が聞こえる、また、そっとどこかにおかれた空間の輝きと結晶が満ちてくる、そういう心情と情景が溶け合い映像と旋律が誕生する、そんな詩的現象をずっと追い求めてきました。言葉を差し向けることで忘れてしまった夢も再現され、夢の無意識な影響も反映されます。
(「あとがき」より)

石内 矢巳(いしうち やみ)
1955年東京に生まれる。年少期を徳島で過ごす。
15歳の頃より詩を書きはじめる。
1989年より荻窪グッドマンなどのライブハウスで、朗読の形で詩を発表してきた。
2007年頃からインターネット・コミュニティーのmixiにも詩を掲載している。
著書に、私家版『詩集 風のかたらい』(1981年)がある。

※この商品1点のみのご注文は送料¥400〜¥530(沖縄、離島を除く)です。

※お買い上げ合計額5000円以上で送料無料となります(一部商品、地域を除く)。

※こちらの商品を含むご注文の配送は佐川急便のみとなります。
型番 ISBN978-4-380-13006-9
販売価格

1,728円(内税)

購入数
up down